テレアポ電話の通信費削減、コールセンターのインフラ構築

株式会社ドリームソリューション
どうぞお気軽にお電話下さい
TEL 03-5822-0812
導入事例 > 通信回線販売

導入事例6:通信回線販売

問題点

1.ガチャ切り、短通話が多い!
通信商材のテレアポは比較的歴史があり、競合も多く新しいサービスもでてきていないので、同じ電話番号に何度も同じサービスのテレアポをしてしまう場合が多い為、ガチャ切りが多く短通話も多いものになっています。

2.市外通話が多い!
訪問が必要な商材では、訪問できる距離に限界があるので市内、または100km圏内にテレアポを行う事が多いのですが、通信商材では電話完結できる商材も多いので地域に縛られず、市内〜100km超と全国への発信が多くを占めるものになっております。

3.留守番電話にも3分(180秒)分の通話料を支払ってしまっている。
個人へのテレアポをする場合がほとんどなので、留守番電話に繋がってしまっても3分(180秒)分の通話料がかかってしまい、契約に繋がらない数十秒の電話に3分(180秒)分の通話料を支払ってしまっている。

提案内容

* 通信費提案内容
まず提案の際に頂いたデータを基に1分以内の通話(ガチャ切りや留守番電話等)がどの程度あるのかをお調べしたところ、 下記グラフのように80%も1分以内の通話(ガチャ切りや留守番電話等)がある事がわかりました。

参考図:テレアポ電話の1分以内の通話の割合

上記の問題点を解決する策としてご提案させて頂いたのは、ガチャ切りや短通話を削減する為に秒課金サービスを導入をご提案させて頂きました。
秒課金サービスを導入することにより、全体の80%を占めていた1分以内の通話(ガチャ切りや留守番電話等)を削減するご提案を致しました。
また発信地域のデータを調べた結果、下記グラフのように大半が市外の通話になっておりました。

参考図:テレアポ電話の発信地域別のコール数割合

市外通話も全て秒課金にすることにより高い市外通話も削減することが可能になりました。

導入後

* 通信費削減提案導入後
98%を締めていた市外通話、全体の80%を占めていた1分以内の通話を効果的に削減し毎月の通信費を【260,000円】から【39,000円(85%減)】にまで削減でき、一年間で見ると【2,652,000円】も削減する事ができました。

お見積もり・ご相談はこちらへお問い合わせください
Tel 03-5822-0812
株式会社ドリームソリューション 営業本部 宛て
お問い合わせ 資料請求 シミュレーション



Copyright 2013 DreamSolution Inc., All Rights Reserved.